Daily news from Yoshikazu Kasai.

ready?

posted: 7月 30th, 2010 | categories: design |


3-month later…

残り少なくなってきた時間はさらに加速し
夏を終える頃にはさらに急加速することが予想される。
芸術の秋に向け、準備を進めるための出展者説明会へ。

今回は「TENT」へ出展することとなったDesigners Week 2010。
Midtownのプレス発表では立ち見?が出るほどだ。

毎年この時期になると、ワクワク?ムラムラ?
なぜか心が躍る。

イベント自体も趣向を変え、
あの手この手で見る者を楽しませてくれそうだ。


TOKYO DESIGNERS WEEK 2010
2010.10.29.FRI – 11.3.WED @ MEIJI JINGU GAIEN


swim

posted: 7月 29th, 2010 | categories: design |


強さを強調するようなディスプレー(一人カメラ目線…)

プロジェクトのお手伝いをさせて頂いているメーカーさんの展示会を視察。
日中の猛暑で会場は?と思いきや商談スペースには沢山のメーカーさんが
次の商品展開に向け話を弾ませている。

ここでは昨年のオリンピックで一躍有名になった世界的な水着「Jaked」を
日本で初めて正式にプロモーションしている。
最近ではドラマの中でも活躍中とあって、問い合わせが絶えない状況となった。

既に夏真っ最中ではあるが、月末から各地で行われる水泳競技会場でも
ブースを出店することとなり、今はまさにその準備が秘密裏に行われている。

Jaked-水泳競技大会・出店スケジュール
8/17~20

第78回 日本高等学校選手権水泳競技大会
会場:沖縄・県立奥武山運動公園水泳場

8/21~23
第50回 全国中学校水泳競技大会
会場:広島・福山市緑町公園屋内競技場

※会場でアンケートに答えるとJaked限定メッシュキャップが貰えるんです。

jaked.jp

そして意外にも目にする機会はあっても、何だかんだ知られていない
「超撥水」水着がこれ!

もちろん撥水という機能は今までもあった訳なんだけど、
それに「超」が付くほどの商品に…..

これは水を吸い込まないから、着心地も軽く、
しかも体温までセーブ出来てしまう。

水の中に長時間いたりすると夏でもジンワリ寒くなることもあるが、
今までの水着に比べ格段に効果が感じられ、
学校の水着としても今後活躍が期待される商品だ。

FOOTMARK.co.jp


momentary…

posted: 7月 21st, 2010 | categories: day life |


いつ、どこから見ても飽きない日本の象徴。

猛暑前に完成したRiversideプロジェクトも8月になれば新しい住人が
そのデザインの中に住み始める。完成後のHotな瞬間だ。

そして今週から新たなプロジェクトが進み始め、猛暑と戦うコトになるらしい…..
今年は数年ぶりに記録的な温度を達成。

こちらもHotに、そしてCoolに攻めていきたいと思う今日この頃。

皆さん、暑さ対策には十分気を使って下さい。

Keep smiling!


bros

posted: 7月 15th, 2010 | categories: design |


御兄弟ですか?

そう聞くと、最高の笑みと一緒に「似てる〜?」という言葉が返ってきた。
もちろん、確かに似ている。

だけど、そういう事だけではなく、その息の合いかたや、絶妙なやりとりが
見ていてスゴく気持ちが良く、暖かみのある言葉を交わしている2人の
調和が生み出す空気が周囲を一気に癒していくかのようだ。

40年間兄弟で仕事をし続けてきて、今なお、最高の職人として
「鉄」を料理している。

夏の現場は「異様」とも感じられる夜の空がミステリアス。

19:30分、職人達が一仕事終え、互いの気持ちを確認するかのように
声をかけ合い、それぞれの場所へ帰って行く。

これでまた1つ、夏の良い思い出が増えたに違いない。


hot summer

posted: 7月 13th, 2010 | categories: design |


癒し系の2-Dワーク。

印刷がキレイにあがってくると素直に嬉しく思う。
いつも無理なお願いに応えてくれるPrinting Professorにホントに感謝している。

2Dでも3Dでもそのプロセスに毎回変化球が入る。
入ると言うよりは入れてみて、その次の可能性を見出すように、
祈る気持ちでプロジェクトの完成を心待ちにする。

それは、小さな変化かも知れないし、大きく大胆な変化かもしれない。
もちろん、プロジェクトによっては出来ることも限られる場合がある。

それでも可能性があるならば、出来るTryはしていきたいと思う。


Vol.2 – ARMS

そして、こちらは次なるプロジェクトへのリサーチ。

結構ご近所ではあったけど、足を運んだことがなかっただけに、
MTG場所がここに設定されたことは幸運に違いない。

オーナー自ら作った店舗はとても柔らかく、
何時間居ても飽きない空間になっていた。

人に愛される空間づくり、ゴールは見えません。


on the way

posted: 7月 7th, 2010 | categories: design |


沢山の方々の協力でいよいよカタチになりつつあるRenovation。
良い感じになってきました。
来週には養生も剥がされ、お披露目となります。

はたしてデザインは想像を超えるのか!?
超えてくれなきゃ困ります!

自分たちにとってもまた勝負なのです。

※今日は七夕「夜明けの晩」に。
台湾では、男女がプレゼント交換する日らしいのです。


super high-tech

posted: 7月 6th, 2010 | categories: design |


431km/h…..

この途方もない数字を市販車で叩き出してしまったBUGATTI.
以前、某メーカーのPromotion業務をやっていたときそのSupercarと1馬力違いで
1001馬力を発生したヴェイロンが今回は1200馬力までパワーアップ。
そしてトルクはなんと153kg!

分かり易い比較としてメルセデス-500Eが約50Kg。
実に3倍の数字。

エンジンもさることながらそのスピード領域に耐えられる車体やパーツの剛性の高さが
並ではないことが想像出来る。並ではないことは分かるが、どんなマテリアルで
どのように作り上げてきているのか?
想像がつく方が不思議なくらいだ。

ちなみにオールカーボンモノコックは新しいファイバー構造で、剛性を上げつつ軽量化
するという選ばれた職人達によって作り出された宝石の様なもの。

そしてギネス世界最速記録を出したのはもちろん元F1ドライバーでブガッティの公式ドライバー。
並の体力ではここまで持って行けないのは言うまでもない。

Automobileのデザインは経験がないが、このような夢のプロダクトなら
一度は関わってみたいと思ってしまう。

リヤビューも独特で、ここ何年かのカーデザインでは特に気になる造形になっている。


succession

posted: 7月 2nd, 2010 | categories: day life |


経年自然造作。

どうやら、聞くとそこに設置されてから数十年の歴史があるらしいシーソー。

「ぎったんばったん」
「あがりこさがりこ」
「こめつき」

など、地方により呼び名が異なる遊具。
体の平衡機能、リズム感、協同性などを養うことができる。

一見単純ではあるが「シーソーゲーム」という聞き慣れたコトバを思い出すと
そのコトバの裏にはそれなりの深い意味や感情が含まれている気がする。

画像で見える経年「劣化」とは異る、長い間に使うことによって出来た
その造形(凹み)は単に手で作るカタチとは違い、
何か心にグッとくるものさえある。

そこには、懐かしさや想い出もプラスされ、大人(?)になった今、
また、違った感じでそれを見ることが出来るようになる。

心にちょっとでも余裕を持って何かを見るコトが出来れば
また違った何かが見えてくるのだろう。