Daily news from Yoshikazu Kasai.

Shanghai

posted: 4月 27th, 2011 | categories: design |


プライド

それは日本記録保持者として、また挑戦者として。
プロモーションのお手伝いをさせて頂いているItalia-Jaked社。
ついに日本初のエリートチームが誕生。
そしてその勢いに乗り世界への切符を手にした金藤選手。

平泳ぎ200mでは日本最速の記録を持つ。

まだ話す機会は持てていないが、普通の女の子と挑戦者という
2つの顔を持つアスリート。今後の展開が非常に楽しみ!

スタッフからの話によるとレースのラスト50mに入るところで本人は
自分が「遅い?!」と感じたそうだ。

そこからスパートをかけたわけなんだけど、その状況判断が凄い。
是非一度話をしてみたいと思う。

7月に迫った2011年-上海世界水泳選手権、目が離せません。


Reality

posted: 4月 20th, 2011 | categories: day life |


自分の目で。

とにかく、何が起こっているのか?
メディアを通じてのみ知ることしか出来ない大惨事は
本当に先月までは自分達と同じ様な生活を送っていた
同じ国の同じ仲間達を襲った。

距離にして東京から500kmあまり。
この短距離の中でどうしてここまで状況が変わってしまうのか?

実際に足を運んでみて、その状態を見て出る言葉は見つかりません。
想像を遙かに超え、またそこがどうだったのか?想像するのも困難なくらいに…..
酷い状態でした。

今回は石巻が物資が足りてきているとの情報もあり、
その先の女川に物資を届けて来ました。

女川町立病院、女川運動公園、渡波公民館。

それぞれの避難所には数千人単位で非難されている方々がいます。
その中で何人かの被災者の方々と話す機会がありました。

殆どの方がギリギリで助かったという人ばかり。
実際は数十メートルもある高台に建つ町立病院でさえ
1階部分は天井まで津波の被害に遭っていました。

高台まで上がって来て安心したのに…
それでも自然の猛威は容赦なく人々を奪っていったそうです。

当時の状況を沢山話してくれました。
正直、事実を「見て」そして「聞いて」も自分の中の想像でしかなく
その人達と同じ気持ち、状況にはなれません。
ただ酷い状態、それが目の前にある。

それでも他県から物資を持って行けば喜んで受け取ってくれます。
そして、こう言ってくれました。

「ここは、本当にキレイな所なんです。
もし、ここが復興したら是非また遊びに来て下さい、
とても良いところなんですよ」。

あれだけの被害を受けても、すごくキレイな気持ちで受け止めてくれる。
現地の人達の力強さと優しさがとても印象的でした。

まだまだ酷い状態ではありましたが、徐々に道や電気も整備されてきています。
まだまだ時間はかかると思いますが、本当にはやく復興してくれることを
心から祈ります。

また、今回もBlogを通して物資支援を沢山の方にご協力いただき、
本当にありがとうございました。


support

posted: 4月 7th, 2011 | categories: design |


様々な歴史を繋ぐ背景。

いよいよ主がやってくる。
待ちに待ったその時が「x-day」になるのか?

季節の変わり目に願いを込めて、その準備を整えます。

Beauty is in the eye of the beholder.


One

posted: 4月 5th, 2011 | categories: day life |


皆さんこんにちわ。

blogの呼びかけから支援物資を送ってくれたみなさま
本当にありがとうございました。

予想以上の物資が届き、被災地の方々にも
少しでも力になれているのではないかと思います。

今回、支援物資のご協力を頂いた方々。
本当にありがとうございました。

順不同(敬称略)

Seiji Shibuya
Shuji Eguchi
Kenshi Otani
Shinzo Kawakami
Daisuke Hidaka
Laurens Receveur
Hisayuki Uso
Hiroyuki Shimizu
Rika Shimizu
Mari Takayanagi
Yoko Hidaka
Akiko Suzuki
Yukiko Moriyama
Kanako Taga
Footmark Co.,ltd.

被災地の1日も早い復旧とみなさまのご健康を
心よりお祈り申し上げます。

※物資支援の内容は現地の状況により変化しますが
引き続き募集しています。