Daily news from Yoshikazu Kasai.

hobidas shop

posted: 12月 28th, 2013 | categories: design |

gl01

Hobidas Garage Locker

以前より改良が加えられ、よりシンプルになり、現在順調に出荷中。
お気に入りの私物を自分だけの場所に。

Hobidasさんからの企画をデザイン化し、より簡単に組み立て可能なKitとして
デリバリーが始まりました。

フェンスはUSA製で、アメリカの学校などのフェンスとしても使われているアレです。
天板にナラ材を使用し、ハードな工具でもキヅのつき難い仕上げ。

趣味の拡張にいかが?

gl02

visit >>> Hobidas Design Garage Locker


see you tomorrow

posted: 12月 27th, 2013 | categories: design |

MH10_cover

What’s next?

今回は2014年に因んで、馬特集です。
10号も濃い〜〜内容になっており、ステキなプレゼントも。

12.28 全国の書店にて発売です。


crocodile w/925

posted: 12月 26th, 2013 | categories: design |

mhwatch

Silver 925

個人的にはあまりアクセサリーを身につける方ではないが
時計となったら話は別になる。

身につけるアイテムとしては一番好きかもしれない腕時計。
その昔、祖父が時計の職人だったこともあり、
小さい頃から時計のパーツを良く目にしていたのを思い出す。
その当時のツールやパーツはまだ頑丈な木箱に入れられて
大切に保管されている。

最近、ずっと興味があった時計の分解組み立てを、何回かに分けて大先生に
マンツーマンで教えてもらっている所だ。これも贅沢な話で・・・

画像の2本はそれぞれのタイプに合わせてベルトとシルバーのデザインをしたモノ。
Paneraiでは男臭い雰囲気をクロコらしい場所を使いコンチョとの組み合わせ。
そしてSubmarinerでは海の色、そして水中から見える水の様が上手くクロコの模様にマッチした。

雑誌(モーターヘッド)の企画から形になった訳なんだけど、この製作においても
相当な無理を言って、しかも短期間で大先生(佐藤氏、小林氏、松下氏)にご協力頂いた。

いろいろな制約のある中でカタチに落とし込むプロセスはすっごい楽しい訳で。
さらには今までの趣味趣向からもう一歩踏み出した表現にトライした。

元々、こういった種類の革には抵抗はあったけれども、ある種の楽しみ方と捉え
日頃の生活の中で時間を見るという行為を、これまでと違った感覚で
捉えてもらえれば、ウキウキ、ワクワクの生活が待っている気がする。

ちょっとした事ではあるが、この小さな物体に大の大人が真剣に取り組んでいた所も
また、モノづくりの楽しみで、コラボレーションを多いに楽しんだ結果のカタチなのです。

12/28日、全国お披露目となります。

Photo:Kunihisa Kobayashi


Rittai 2-3

posted: 12月 17th, 2013 | categories: design |

3d

焼き印

目的に応じたモノづくり。
事前に決めたモノへの変換は予想以上にオモシロイ。

やっぱり立体って魅力的だなと・・・

質感、重量、立体特有の奥行き、そしてそれらが作り出す陰影。
小さな拘りが大きな結果を呼ぶ。

Happy !


new working range

posted: 12月 9th, 2013 | categories: design |

masaic

Jewery

3DPrinterが話題を作る中、ここではこれまで通りの方法で試行錯誤を繰り返す。
これまで通りとは言っても、これまでの歴史や方法を学んだ事も無く、ただ漠然と

「知っている」程度。

その結果、理想と現実のギャップに挟まれ、Try & Errorを繰り返し理想に近づけていくコトになる。
もちろん、マスターエンジニアが側に付いていてくれるから可能になる事は言うまでもない。

この世界も実にデリケートで、その作りの行程はそれだけで人々を魅了する。
そして、その行程を経て、美しい試作が出来上がった。

お披露目間近です。

metal1