Daily news from Yoshikazu Kasai.

face to face

posted: 8月 29th, 2013 | categories: design |

record

Shopの数も昔に比べると随分減ってしまった様で。

ここ、FACE Recordsは1994年に横浜でメールオーダーのお店から始まったそうです。
その2年後に渋谷区宇田川町にショップをオープン、CDはあまり置かずレコードが中心。

少しずつ、DBS Builder / Hiroが仕上げています。

外観も東海岸の様で、ブリックの白塗りに鮮やかなブルー。
ターンテーブルを眠らせている貴方、久々にアナログでも聞いてみてはいかが?!

FACE Records / Soul Jazz Funk Breaks

営業時間 13:00~20:00
渋谷区宇田川町10-2 新東京ビル
03-3462-5696


alphabet

posted: 8月 23rd, 2013 | categories: design |

font

手前と横と奥行きと…

立体が持つ独特の空気感。
その存在は厚みや陰、素材や重量感、そして色など、さまざまな要素が組合わさることで
予想以上の効果をもたらす。この辺が立体の魅力でもある!

アルファベットは文字が伝統的な配列で並べられているという。
語はギリシャ文字のα、βの読み「アルファ+ベータ」から来ているらしい。

今では様々なフォントがそれぞれの表現、表情を持ち、
色んな方法でその姿が現されている。

並び方が違うだけで、人の名前や場所、または暗号だったり。
文字はそれぞれの人に意味のあるものとして存在する。

works for Record shop in Shibuya Japan.


link

posted: 8月 21st, 2013 | categories: design |

jtg_003

繋ぐデザイン。

つい先日の事がずいぶんと昔の様だ。
昨日の様に思う事もあれば、何年も前の様に思う事もある。

プロジェクトが終わり、少し経ってから撮影などに行くと
色んな思い出が頭をグルグル回り、「懐かしい」と思う事も。

エンジョイ出来たコラボプロジェクトの現場。

その場に入ることによって入る「自分スイッチ」。
どこからともなくワープして来た様にバババッ〜っとシーンが飛んでくる。

corner

green

さらに画像を見る ▶interior.

Produce : Makiko Miyamoto
Design Development & Build some furniture : DBS


a joiner

posted: 8月 20th, 2013 | categories: design |

jd

ジェイルドア量産タイプ仕上がる。

渡米前に建具屋さんにオーダーしていたモノ。
残すは、最終の塗装待ち。

この時点でクライアントさんに見せると、これも良いですね!となる。
塗装を前提とした素材選びなので、塗るともっと良い!

お子様の居るFamilyからのオーダー。
完全に閉めてしまう環境ではなく、よりコミュニケーションが取れる様に。
お互いを気にかけながら、ちょっとした開放感を。

小窓に蓋を?!
家族の成長に比例して成長する家の一部となる事を祈って。


vibes

posted: 8月 19th, 2013 | categories: day life |

cal

Dry.

最初にこの地に足を踏み入れてから20数年。
いつの間にか心から離れず足繁く通っている場所「CA」。

アメリカと言うよりは、カリフォルニア。
そう言う方がしっくりと来る。

今回は撮影クルーとして同行。
この地で出会った奴に誘われ、またここに戻って来た。

遠い昔の様でもあるが、実際は当時と似た空気が流れ
少し成長した仲間がまた集まった。

これまでは、ただ好きだという感情が強いままに来ていたと言う方が正しい。
そして、今回、改めて想う事も沢山会った。

何度も来ていると不思議と冷静になるもので、年齢とともに見方も
自然と変わってきているのかもしれない。

そして、一番の印象は「Dry」。

空気が乾いていて良い所だ!という意味とはまた別にカラッと無音。
ある意味、本当にその土地から発する自然な音が音楽として耳に入る感覚。
そんな意味で、移動中の車内は音無。
それでもカラダにリズムが伝わってくる感じがする。

特に夜はまたスゴい。
暗くなるにつれ、その音は洗練されていくようでもある。

omg