Daily news from Yoshikazu Kasai.

Dance Marche vol.4

posted: 2月 23rd, 2012 | categories: design |

映像の編集が終わったようです。
来れなかった人にちょっとお見せします。

———————————————————
2011.11.24 @ 六本木スーパーデラックス
———————————————————
構成・振付 池上直子 
音楽:安部一城
ダンス:池上直子 窪田央
舞台監督:斎藤尚美
映像:前田文彦
照明:上杉圭太郎 
衣装:菊地はるえ
美術:笠井義和
制作:持田喜恵 

主催:ダンスマルシェ


turn on…

posted: 2月 23rd, 2012 | categories: design |

後数日で3月、徐々に暖かくなってきた感がある。
そこで気持ちをもっとHotにする例のプロトがいよいよ姿を現してきた。

今回も師匠でもあるKohey Machineにて細部の打ち合わせを。
ここは、本当にいるだけでワクワクする場所。

色々とイチイチ格好よく、どこを見渡しても飽きない。
毎回違うものを発見できるTokyo Dark Side。

間もなくです。
意味も無く気持ちが突っ走る。


guidebook

posted: 2月 20th, 2012 | categories: design |


Designers File 2012

昨年の震災からさまざまな分野で大きな転機もある中、
それぞれが今できること、これから取り組んで行けること、
そして、なにより、デザインが出来るコト。

そんな未知なる可能性をそれぞれがトライし続けて好転させる。
そういう部分でさらなるコミュニケーションを計りFUNctionさせて
行ければと思う。2012年版ではDBS inc.として掲載されています。

ここに参加出来たことを嬉しく思う。

カラーズ出版「デザイナーズFILE 2012」
2,625円(税込)/A5/256ページ/2012年2月23日発売


shellfish

posted: 2月 17th, 2012 | categories: day life |


貝合わせという遊び。

ロケハンで訪ねた某ロケ地にて、案内して頂いた先で古来のお遊びを…..

貝合わせ(かいあわせ)は、平安時代から伝わる遊び。
本来の貝合わせは、合わせものの一つとして貝殻の色合いや
形の美しさ、珍しさを競ったり、その貝を題材にした歌を
詠んでその優劣を競い合ったりする貴族たちの遊びであった。

一方、「神経衰弱」に似たゲームとしての貝合わせは
貝覆いと呼ばれていたが、殻を合わせる所作から後に
混同されて、同じく貝合わせと呼ばれるようになった。
(wikipediaより引用)

と、その遊びを披露して頂いた。
解説にもあるように神経衰弱にも似ているのだけど
その前にもうワンクッションあり、似た形の貝を
2つ選んで合わせる。

そして、合ったならば内側に描かれている絵を合わせてみる。
と、そこには同じ絵柄が。。。。。

なんとも、気持ちの良い遊びなのである。
そこで編集長、世界に1つのコンビを見事的中!

さすがである。

12万5千年前にできた貝の灯籠。

色々と拝見した中で入ったアサリの床。
と言っても実際はこの上に木の床が貼られるんだけど
このような状態で見ることが出来る。

ほどよく冷んやり、夏は蛇の隠れ家になるらしい。


protoタイプ

posted: 2月 11th, 2012 | categories: design |


イメージをプロトタイプに移行。

なんだかんだって、そろそろ発表したいので、リアルマテリアル発注です。
春物?として、今期よりオリジナルプロダクツを徐々にと。

2体、違った性格でキャラも違いますが兄弟です。
近々お見せする日がやって来ます。

そして、モーターヘッドCrewでもあるNi Designの
Johjiことジョージがバレンタインにハワイに移住することになり
不要な材料をショップでカッティングしていった。

Johjiはグラフィック担当で、独特の雰囲気を持っている。
物腰柔らかく誰からも愛されるキャラで、ハワイでも
きっとうまくやっていけるのだと思う。

当分はモーターヘッドから離れてしまうのだけど、
また戻ってきて欲しい。ハワイでの活躍に期待!


FW2012

posted: 2月 9th, 2012 | categories: design |

イタリアンでの展示を始めて4回目を数えると
徐々に雰囲気も板に付いてきた感のある「Jaked」展示会。

今回はFWの新作発表。
会場コーディネーションでお邪魔した現場は
商品点数は若干少ないシーズンでもあり、設営はスムース。

ギリギリでニューカラーウェアも揃いました。


happy product

posted: 2月 6th, 2012 | categories: design |

LOVE = デザイン ?
デザイン = LOVE ?

プレゼンテーションとなればまた話は別なんだが、
お祝いなどで人前に出るというのはとてもとても緊張するわけで、
そんな気持ちをカタチにするッてことも、
デザインの大きな役割なんじゃないかと。

今回も仲間の結婚式用にお願いされたウェルカムボード。
お花のプロでもないし、ましてやウェディングコンサルでもない。
でも、人を思う気持ちでモノづくりが始まり、
部分的に拾い上げながら最終的にカタチになり、
そして相手の顔を想像する。

はたして喜んでくれるだろうか???

デザインのプロと言ってもいつも上手くいくワケじゃない。
失敗だってあるし、なかなか噛み合わないときもあるわけで。

それでもカタチに落とし込み、良いところまで詰めていく。
そしてそれが公の場に出て、人の空気に触れたとき
初めて一体感を感じられ、デザインとして完成される気がする。

今回も喜んで頂けたみたいで「ホッ」としている。


Frank Lloyd Wright

posted: 2月 3rd, 2012 | categories: design |

CCJクラフト見本市@明日館。

Officeの引っ越し以来、近い近いと思いながら一度も行けてなかった明日館。
ご存じの通り、巨匠フランクロイドの作品である。

一度はフォーリングウォーターにも足を運んでみたいが、まずは近場から。
そんなタイミングでCCJクラフト見本市が開催されるとのことで
念願の作品に囲まれるクラフトを見に行ってみた。

と言っても、どうしても建物が気になってしまい、
気になったポイントをシュート。
管理人の方にはニヤニヤされながらも、「良いでしょ、この建物」
と写真を撮る自分の気持ちをさらに加速させた。

このようなディティーリングはコストはさることながら、
その建築家の攻めに攻めまくった拘りの現れ。
もうあまりに圧倒されため息が出る。

以前はここでも授業が行われていたのだが、今は修復後に
このように展示などで動態保存として一般公開されている。
ここはホントに行っておくべき「財」である。

もちろん、その雰囲気の中で行われたクラフト展にて
購買意欲もそそられ今年の気になるクラフトをゲットしてきたのは
言うまでもない。

※ちなみに最後の2枚はそのデザイン模型。