Daily news from Yoshikazu Kasai.

Enjoy garage life @ 日本橋三越

posted: 3月 25th, 2013 | categories: day life |

354_04

というわけで、日本橋三越も後半戦に入りました。

やっとのことで、お披露目となりましたガレージロッカー(上)も誌面での宣伝効果か?
「正式発売、楽しみにしてます!」というお声も頂いている様で「ホッ」としているところです。

なにはともあれ、来場者の層が広く、とくに普段から三越をご利用していお客様達の反応が
とても良いという事。

これには、三越さんスタッフも驚いている様で、企画も良かったんですね。
来場者さん達も非常に懐かしく感じている様で、みなさん少年少女の様に目をギラギラ。

会場となる本館5階はというと・・・

品の良い三越レギュラー商品群の中に現れた小島の様です。
このギャップも来場者にはとても新鮮に感じられるみたいですね。

354_06

354_05

354_01

354_03

ちょっと変わったカラーリングのファイヤーキングのラインナップや
Coca ColaグッズはPenny Japanさんから。

超精巧なコルベットのモデルカー(¥548,000)には
James Dean(非売品)がコックピットに乗り込んでいます。

その他ではWorld Import Toolsさんからインテリアに似合うガレージ小物から雑貨、
Rice Burnerさんからはアパレルなどが展示販売されています。

354_02

残す所あと二日です。

お近くにお越しの際には是非、お立ち寄りください。
心が「ホクホク」しますよ。

ENJOY! GARAGE LIFE

期間:3/20(水・祝)〜3/26(火)
会場:日本橋三越本店
フロア:本館5階/インテリアステージ


mitsukoshi interior stage

posted: 3月 18th, 2013 | categories: design |

gl001

HobidasさんとのコラボアイテムでもあるGarage Locker。
企画のNMT氏より依頼があったのは昨年のこと。

テーマはメジャーリーグ選手が更衣室に持っているロッカーを個人的に使いたい!ってところ。

今回は実際にアメリカでは何でもない家の周りや学校の入り口などに使われている
鉄製のフェンスを使用する。住宅街や工場などで見かけるモノと同じ材料だ。

それをどの様に日本の一般住宅シーンとマッチさせるのか?

gl002

細かい演出として、看板や留め具、ネジに至るまで細かい所をしっかり創り込まないと
どうもインチキ臭くなってしまう。

それは日常目にしている物や、自分たちの体験から無意識のうちに感じてしまう感覚を
人間は持っている。

gl003

「何が違う?」
「なんとなく・・・」

そんな言葉をよく耳にする。
見えない何かが悪戯をしているのだ。

立体物にはその物から放出される空気感がある。
見えない裏側の小さなパーツからもその空気感はもちろん出ている訳で
「見えない所だから」では済まされない。

今回はそこに、日本らしさもプラスしてUSパーツとのマッチングも検証したい。

ENJOY! GARAGE LIFE

期間:3/20(水・祝)〜3/26(火)
会場:日本橋三越本店
フロア:本館5階/インテリアステージ

ホビダスさんで取り扱う様々なガレージグッズの展示イベントです。


so many mind

posted: 3月 8th, 2013 | categories: design |

color

ひとは皆、自分自身の色を放つ。
それは自分の中での意識であったり、周りからの印象であったり、様々だ。
無意識でも出てしまうから不思議だが、みなそれぞれの温度をもっているから
それも当然なんだろう。

ビジネスにおいて、新しいブランドになれば、それは表現として意識的に行う事が多い。
多くの人に知ってもらいたいのはもちろんのこと、ブランディングとしての差別化にも繫がる。

ブランドはもちろん、モノだけでは動かない。
やっぱり、そこには人の力がアリ、コミュニケーションが大きく左右する。

こういう調色になると、沢山の色を見るのだけれど、これまでの経験やら想いなどから
色んな事を想像し、それだけでテンションが上がるのです!

春ですね〜


unexpected

posted: 3月 6th, 2013 | categories: day life |

af_ct

Who is that guy???

思わぬ所で?

思いもしないコトが起こる今日この頃。
一生に一度あるかないかって聞かれれば、ない方に近い。

そんな出来事とは、本(カタログ)の表紙。
実際に見てみると第三者的に見えてくる所がおもしろい。

シチュエーションの設定は海岸沿いに住む都心から越して来たCoupleの生活となっています。

aflatさんの最新カタログです。

visit aflat.asia official site


turner

posted: 3月 5th, 2013 | categories: design |

hiki01

オリジナルプロダクトでお世話になっている挽物所でパーツをピックアップ。
来月からの量産納品準備のため適量の在庫を確保する。

所狭しと置かれる小物から大物、そしてツール。
職人さんでもある大将についつい忙しそうなのだが、話を聞いてしまう。

この様な挽物所は今ではほとんどなく、職人さんも減って来ていると話していた。
基本的には治具等は使わず、1つ1つが全て手作りとなる。

ツールとして使う刃物類も鍛冶屋さんの減少によって良い物が手に入らなくなっている。
職人さんもともかく、昔の様に良い鉄や土も今では採れなくなって来ているのが現状。

よって、カタチは似ていても成分等の違いで長く使える道具もまた減って来ている。

hiki02


Penthouse

posted: 3月 1st, 2013 | categories: design |

301

雨降りの一歩手前な神田川。
3月に入り、春一番が吹いたとか。

あんなに寒かった冬も次第に慣れてきたと思ったら、春はすぐソコです。

良い物件、または良い物件探しっていうのは、その探している本人の熱い想いによって
出てくる物件もさまざまであり、そこに決めるコトも、タイミングでもあり出逢いでもある。

内見でシックリ来るのは本人の感覚。
良い物件に見えても、入ったとたん「なんか違う・・・」ってこともある。

今回の物件は条件も非常に良く、完成する事を想像するとたまらなく面白い。
そこに長い間住む事になる住人さん達が沢山の思い出を創れる様に
デザインで出来る事を最大限生かしたいと思うのであります。

現調@リバーサイド